宿根草の庭は四季の変化が特徴です。当社モデルガーデンでの一年の流れをご覧ください

育て方のポイント

まずはそれぞれの性質を知ることです。
環境においては日なたを好むもの、半日蔭を好むもの、排水のよい土を好むもの、湿った土を好
むもので分けられます。
次に根茎等で広がるかどうかも注意が必要です。あまり広くない場所では特に大切なことです。
それから背丈であったり、花色であったり、花の時期を考慮しながらデザインに入ることになります。
将来的にどれだけ株が大きくなっていくのかについても知っておきたいものです。

失敗を恐れずに
まずは始めてみませんか! 失敗したかなと思ったら植え替えればいいのです。
ただし、広がりすぎて困る種類も多いのでその点には注意をして下さい。

HOME   展示場紹介   造園工事施工例   外構工事施工例   ウッドデッキ   おすすめ素材   会社案内 


庭木剪定  植木販売  フェンス  コッツウォルズストーン  ガーデンライト   グランドカバー植物   テーマパーク



花の庭  富山市八尾町三田215-1   TEL 090-3806-2425  (展示場)





年々大株になり豪華になっていくこ
とも大きな魅力です。

淡い色合いの花は大きくなっても
不自然ではないものです。

育てていく感覚も味わえます。

スマホサイトTOP

富山でガーデニング、造園工事、庭づくりから庭木剪定まで  花の庭 tel 076−411−6777

   富山市八尾町の庭づくりのモデルガーデンは宿根草が中心です  

宿根草を中心にした庭づくりはいかがですか!
一度植えるとそのままで冬を乗り越えて、毎年決まった季節に花を咲かせてくれる宿根草には
魅力が一杯です。
花色は淡く地味なものが多いのが特徴です。このためむしろ他の植物と組み合わさった時にそ
のよさが発揮されます。
葉色も淡く自然です。中には葉の方が魅力的なものもあります。
株は年々大株になり、より自然な形になっていきます。ただそれゆえにそれぞれの特徴をふま
えた植え方が必要になってきます。
バランスよく植え込むには経験も必要ですが、季節ごとに違ったハーモニーを奏でてくれる姿は
とても喜ばしいものです。

夏の暑さを和らげてくれる高木も
案外必要なものです。
程よい日陰を作りながらより乾燥
を防ぎ自然な環境にしてくれます。

小さな花を楽しむには大きな木も
欲しいところです。

グランドカバー系のポテンティラ
(赤花)と背の高いペンステモン
(白花)です。どこまで大きくなる
かなどの性質をふまえて使い分
けるようにします。

宿根草は自然石ととてもマッチし
ます。
又、植木と一緒に植わっている方
が自然な感じになるものです。

葉も花も淡い色合いのものが多い
のも特徴です。
花の時期、色、株の大きさを考え
ながら配植したいものです。

 宿根草の庭づくり